注册 登录  
 加关注
   显示下一条  |  关闭
温馨提示!由于新浪微博认证机制调整,您的新浪微博帐号绑定已过期,请重新绑定!立即重新绑定新浪微博》  |  关闭

飘零公子中日语言文化研究塾

虔誠地盼待著您每次的到來……

 
 
 

日志

 
 

【原】現代の「公」と「私」  

2010-02-16 20:13:21|  分类: 论文 |  标签: |举报 |字号 订阅

  下载LOFTER 我的照片书  |
 

 

№ 000000 / 0000 / 秋学期 / [アジア文化研究1b]研究リポート

 

                                                                現代の「公」と「私」

                                                                     研究参考資料

                                                                           0  00

 

現代は、「個人」の時代です。「個人主義」が国や社会の原理とされています。それによって「公」が後退し、「私」が横行しています。いったいこうした「個人」の概念は、いつ発生し、どのような影響を与えてきたのでしょうか。

 

伝統的な「個人」概念では、「個人」とは、親子、夫婦、兄弟、君臣などの具体的な社会関係における「個人」でした。そして、社会性が個人性より優先し、「個」より「全」、「私」より「公」が上位とされました。これを価値体系とした思想が儒教であり、武士道でした。

 

日本の社会には、「公」と「私」の階層構造がありました。すなわち、個より家、家より藩、藩より国という階層構造です。

 

17世紀のホッブズ / ロック以来、発達してきた社会思想であり、「社会契約説」、「天賦人権論」、「自由主義」、「デモクラシー」等が、わが国に輸入されたわけです。

 

今日、「公と私」のバランスを回復し、公共道徳を再建するためには、わが国固有の価値観を取り戻すことが必要だと思います。そのことは、21世紀の国際社会で、日本人が生きていくためにも、必要です。そのように考えるとき、武士道の中には、今日に生かすべき豊かな伝統を見ることができると思います。 

 

 ( 第4図 ) 

「公」文 字 関 連 辞 典 の 解 釈  編成:0  00

(略)

 

主な参考文献と著作:

(略)

  评论这张
 
阅读(434)| 评论(0)
推荐 转载

历史上的今天

在LOFTER的更多文章

评论

<#--最新日志,群博日志--> <#--推荐日志--> <#--引用记录--> <#--博主推荐--> <#--随机阅读--> <#--首页推荐--> <#--历史上的今天--> <#--被推荐日志--> <#--上一篇,下一篇--> <#-- 热度 --> <#-- 网易新闻广告 --> <#--右边模块结构--> <#--评论模块结构--> <#--引用模块结构--> <#--博主发起的投票-->
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

页脚

网易公司版权所有 ©1997-2017